阪急2800系は昭和39年より製造された京都線特急用電車です。通勤型車両の2300系の構造を基本にして、片側2扉のボディと、転換クロスシートが設置された室内を持ちます。当初は非冷房でしたが、昭和46年から順次冷房改造が行われ、最盛期は8両編成で梅田-河原町間の特急として活躍しました。昭和51年からは片側3扉・ロングシートへと改造されました。改造直後は急行列車に使用されましたが、昭和57年からは7両編成に改められ準急列車及び普通列車用となり、最終的には4両編成化されて嵐山線に転属し、平成7年に引退しました。製品は3扉改造後、8両編成時代の2814編成を再現しています。2814編成は2800系で唯一の空気バネ台車を履いた編成(中間車の2両を除く)として知られ、2800系中で最も遅い昭和53年9月まで2扉・特急用として使用されました。

【2020A/W新作★送料無料】 Nゲージ マイクロエース A1994 阪急電鉄2800系・冷改・3扉 基本4両セット-電車

麻子坑7吋楕円硯No17

【2020A/W新作★送料無料】 Nゲージ マイクロエース A1994 阪急電鉄2800系・冷改・3扉 基本4両セット-電車

ナンカイオリジナル GROM パワーコンプマフラー・タイプ2J(ダウンタイプ ステンレス GM-02J グロム NANKAI南海部品【送料無料】